文字サイズ

藤井王位が王位戦第3局を快勝 “天敵”豊島竜王に初の連勝

 藤井聡太王位(棋聖との2冠)に豊島将之竜王(叡王との2冠)が挑戦する、将棋のお~いお茶杯第62期王位戦七番勝負第3局2日目が22日、神戸市の「中の坊瑞苑」で指され、藤井王位が117手で勝利。対戦成績を2勝1敗とした。

 これで藤井王位は豊島竜王との通算対戦成績を3勝7敗に。7月13、14日に指された王位戦第2局に続いての勝利で、公式戦での対豊島竜王戦では初の連勝となった。

 藤井王位の先手で始まった今局の戦型は、両者が得意とする角代わりに。中盤まではほぼ互角の展開が続いたが、藤井王位が鋭い指し回しで徐々に優勢を築くと、最後は大差で押し切った。

 終局後は「封じ手の前後の局面はちょっと自信ないかなと思っていた。本譜は細い攻めなんですが、勝負しようかなと思いました」と回顧。「王位戦に関しては第4局(8月18,19日)まで少し間が空くので、その間に確り準備して臨めれば」と早くも次局を見据えた。

 藤井王位にとって、“天敵”とも言うべき存在の豊島竜王。公式戦では初対局から6連敗を喫し、AIの評価値で圧倒的に上回る局面があっても勝ちきれないという対局が続いた。今年1月の第14回朝日杯将棋オープントーナメントで初勝利。王位戦も第1局で敗れ、第2局も形勢不利の状態だったが、粘り強い指し回しで逆転して勝利していた。

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス