文字サイズ

大槻ケンヂ「オレなんかまだ宇宙人にも会っていねぇ」16年以来のアルバムリリースで気合

 大槻ケンヂ率いるバンド「特撮」が、5月12日にニューアルバムをリリースすることを発表した。コンスタントな活動を継続している特撮だが、アルバムをリリースするのは2016年の「ウインカー」以来、実に5年3カ月ぶり。このコロナ禍で、特撮はどんな思いでこのニューアルバムを制作しているのだろうか。大槻ケンヂに話を聞いた。

 中将:今回、5年3カ月ぶりに特撮のアルバムを制作されようと思ったきっかけをお聞かせください。

 大槻:コロナ禍でライブがやりにくくなった今、それならアルバム制作に力を入れてみよう、と前向きに発想を転換したということです。しかし、別バンドをやっていたり、特撮では何曲かシングルを出していたので、そんなに間が空いたとは驚きです。

 中将:世間ではコロナ禍によるストレスや対立が社会問題になっていますが、コロナ禍が大槻さん、特撮のファン層になにかしら精神的影響を与えていると感じることはありますか?

 大槻:それはこれから作詞をして行く作業の中で見えて来るのではないかな、と思います。まだコロナ禍とバンド、リスナーの置かれた全体像が把握できていないというか、それを歌詞を作る事で俯瞰で観る事が可能になってくんじゃないかと。

 中将:1月15日にリリースされた「I wanna be your Muse」は“歌詞のモデルになりたがる女がいる”という大槻さんが以前からエッセイ等に書かれてきたテーマと「密」「自粛」というコロナ禍ならではのワードがミックスされていて大変興味深い内容でした。コロナ禍が大槻さんの創作に与えている影響や、今だからこそアルバム制作を通し表現しておきたいことなどあればお聞かせください。

 大槻:これは僕に限らず歌詞や物語を書く人間にはとても厄介な問題で、コロナ禍を意識して書くか、無い世界線として書くか、歌詞上の人々はソーシャルさせるべきか否か?コロナ禍収束後に「コロナの頃の歌詞かぁ、古っ、ピンと来ないね」と言われないためにはどう書けばいいのか?どんな時代になっても通じる歌詞、表現を目指さないといけないんだろなぁ、と考えています。難題。

 中将:今回収録される楽曲の制作時、レコーディング時の印象的なエピソードがあればお聞かせください。

 大槻:今回ディスコ調なんですけど、ステイホームの時にディスコをかけるコミュニティFMの番組を毎晩聴いていて「お!ディスコ来た~」嬉しくてノリノリで歌いました。コーラスにプログレアイドルのキス・アンド・ハグ エクストリーム(キスエク)の皆さんが参加してくれたのも楽しかった。

 中将:もうすぐ(※2月6日)大槻さんの55歳のお誕生日ですね。10代でバンドを始められた頃、ご自身が50代になっても現役でミュージシャンとして活動しているイメージはありましたか?

 大槻:僕が10代の頃、55歳でロックやってる人なんて海外にもほとんどいなかったんじゃないかな?ただ、「アダムスキー型UFO」の語源である宇宙人コンタクティー(交信者)のジョージ・アダムスキーが初めて金星人に遭遇したのは60歳前後なんですよ。それを思えば「アダムスキーさんで言えばオレなんかまだ宇宙人にも会っていねぇ!まだまだだ」と思って頑張るようにしています。あと、若いミュージシャンの作る曲を聴いて刺激をもらいたいな。

 ◇ ◇

 2月6日には大槻の55歳の誕生日を祝して、ライブ&トークイベント「オーケンナイトニッポン8 大槻ケンヂ生誕祭!ロック55号」が配信される。長引くコロナ禍によって苦境にある音楽界、サブカルチャー界だが、その旗手とも言える大槻さんや特撮がその歩みを止めていないのはなによりの朗報だ。ニューアルバムがどのような仕上がりになって世に放たれるのか期待して待ちたい。

 なお近年は「緊急検証!」(CSファミリー劇場)などオカルト、心霊番組でのメディア露出が多い大槻だが、筆者個人的にはやはりその魅力の神髄はライブにあると思っている。今のところ、2019年8月に「umeda TRAD」(大阪市)で開催された特撮のライブが最後の参戦になってしまっているが、コロナ禍が緩和された際にはまたラバーソールを履いた友人のサブカル連と連れだって、その熱い歌声とトークを体感しに行きたいものだ。(中将タカノリ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス