文字サイズ

石井連蔵氏が死去 元早大野球部監督

 東京六大学野球リーグの早稲田大で監督を務めた石井連蔵(いしい・れんぞう)氏が27日午後、さいたま市の自宅で死去した。83歳。茨城県出身。葬儀・告別式は未定。

 茨城・水戸一高から早稲田大に進学。投手として活躍し、首位打者を獲得したこともある。日本鋼管でもプレーし、1958年に早稲田大の監督に就任。2度にわたる計13年間でチームを4度のリーグ優勝に導いた。60年の秋季リーグでは慶応大と激闘を繰り広げた「早慶6連戦」の指揮を執ったことでも知られる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      おくやみバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス