文字サイズ

建築マニア必見!オープンハウスNY

 10月12日と13日の2日間にわたって、第11回オープンハウス・ニューヨーク・ウィークエンドが開催された。このイベントは毎年秋の週末にブロンクス、マンハッタン、クイーンズ、ブルックリンの各地で行なわれる。日頃見ることのできない歴史的建築物や建築物として価値のある個人宅等が一般公開され、それぞれにゆかりの深い人たちが施設内を案内してくれるとあって人気の恒例イベントだ。

 毎年約2万人が参加するこのイベント、今年は10月2日11時の予約開始から1時間で約4000もの予約が入ったとのこと。毎年変わらず人気なのはブルックリン・アーミー・ターミナルやJFKのフライト・センター、高級ホテルで有名なフォー・シーズンズ、リトル・レッド・ライトハウス等だが、今年は公開前のワールド・トレード・センターやミートパッキング・エリア内に2015年にオープン予定のホイットニー美術館等が見所、人気を博した。

 人気スポットを中心に約90カ所で予約の必要があるが、全350以上の公開場所では予約が必要でないところも数多く、外側からは想像もできない美術館や教会、有名建築家による個人宅やインテリアデザイナーの自宅などの姿を見て回るのも面白い。

 予約には5ドルの手数料がかかるが、それ以外はツアーも含め全てが無料というのが嬉しい。建築マニアにはもちろん必見だが、気軽にニューヨークの建築の世界にふれる事ができる貴重なイベントだ。

 オープンハウス・ニューヨーク・ウィークエンド

 https://ohny.org/weekend/overview

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(芸能・社会)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス