文字サイズ

NMB ポスト山田菜々は大阪出身16歳

ファンに自己紹介する植村梓(左)と山田菜々=大阪城ホール
1枚拡大

 アイドルグループ・NMB48が4日、初の全国アリーナツアー「NMB48 Arena Tour 2015~遠くにいても~」の大阪城ホール公演2日目を開催。アンコールで劇場支配人の金子剛氏が登場し、「ポスト山田菜々オーディション」の合格者を発表。3000通を超える応募からグランプリに選ばれた大阪府出身の高校1年生、植村梓(16)が初お披露目された。

 ファン1万人に拍手で迎えられた植村は緊張した足取りでステージに登場。「はじめまして。植村梓、16歳です。まだ実感も自信も何もないですけど、偉大なる山田菜々先輩を追い越せるように頑張っていきたいと思うのでよろしくお願いします」と初々しく決意表明。この日が16歳の誕生日とアナウンスされると大きな拍手が起こり、合格とバースデーをダブルで祝福された。

 同オーディションは14年10月の4周年記念コンサートで、15年4月での卒業を発表した、チームMキャプテンの山田菜々(22)の“後釜”を募集する形で実施。48グループでは初となる合格者1人の正規メンバー募集オーディションとして開催された。

 審査に参加した山田は「私が一目ぼれしました。ビビッとくるとはこういうことかと思うくらい気持ちがグッとなった」と選出理由を説明。「自分で言うのも恥ずかしいですけど、梓ちゃんを“ポスト山田菜々”として、お願いします」とファンに紹介した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス