名王者・内山高志さんが「めっちゃ強い」と絶賛!ワタナベジム期待の新人・横山葵海が鮮烈TKOデビュー

 「ボクシング・6回戦」(7日、両国国技館)

 2022年全日本ボクシング選手権バンタム級王者の横山葵海(よこやま・あおい、22)=ワタナベ=がプロデビュー戦を鮮烈なTKO勝ちで飾った。

 53・0キロ契約6回戦でプロ2戦2勝(2KO)のワン・ハオ(20)=中国=と対戦。左ボディーなどをきかせてから、コンパクトな右を的確に叩き込んで、1度目のダウンを奪う。さらに、2ラウンドに右ストレートから左の連打でこの試合2度目のダウンを奪取。レフェリーが試合を止めた。

 横山は「ホッとしてます」と笑顔でデビュー戦を振り返った。するとそこへ「会長(会見に同席していた渡辺均会長)、めっちゃ強いですね!」と声がかかった。声の主は横山にとって拓大とワタナベジムの大先輩・元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志さんで、名王者の“飛び入り“に、横山は「ちょっと緊張しますね」と恐縮しきりだった。

 渡辺会長は横山の次戦は許可次第で8回戦で組みたい考えで、年内に2試合、可能ならば3試合を想定しているとした。

 内山さんはWBA世界スーパーフェザー級王座を11回防衛。そのパンチの威力から「KOダイナマイト」の異名をとった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能&スポーツ動画最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス