文字サイズ

ピタリを目指せ!競馬関係者が体内時計を駆使して“15秒チャレンジ”第5弾

 「競馬関係者の体内時計はスゴいらしい」-。真偽を調査すべく、デイリースポーツの担当記者が厩舎に突撃。「15-15チャレンジ」というゲームを行った。

 競走馬の調教時に使う「15-15」(じゅうご・じゅうご)は「200メートルを15秒平均で走らせる」という、競馬の世界ではとてもメジャーな調教法。したがって“15秒”は、馬乗りなら誰しも体に染みついていると言っても過言ではない。今回は“優勝候補”とウワサされる四位厩舎の北添裕哉助手が挑戦した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能&スポーツ動画最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス