文字サイズ

若手実力派俳優、役作りのために麻薬使用を考えた!?

 アンセル・エルゴートは『ザ・ゴールドフィンチ』の役作りのために鎮痛剤オキシコドンを試してみることを考えたそうだ。アンセルが新作映画で演じている13歳の時にメトロポリタン美術館で起きた爆破事件で母親を失ったセオは、その処方薬依存に陥り、自殺も考えることになるが、アンセルはそうなった気持ちを理解するために薬を試してみることを検討したものの、自らが依存症に陥ることを恐れて結局思いとどまったのだそうだ。

芸能&スポーツ動画最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス