文字サイズ

ピエール瀧被告が保釈 「反社会的行為によりご迷惑とご心配」30秒頭下げ謝罪

 麻薬取締法違反容疑で逮捕、起訴されたテクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が4日、勾留先の東京湾岸署から保釈された。保釈保証金は400万円。

 逮捕から23日ぶりに報道陣の前に姿を見せた瀧被告は黒いスーツに黒いネクタイを付けて現れた。表情には明らかに疲れが見て取れた。報道陣の方にゆっくり歩み寄って見渡し、「この度は私、ピエール瀧の反社会的な行為により、大変、多くの皆様の方に、ご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。時間にして30秒ほど。その後、付き添った人に促されるようにして車に向かい、乗り込んだ。

芸能&スポーツ動画最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス