文字サイズ

ディズニーランド設立を題材にした映画が製作へ

 ディズニー・スタジオが、ディズニーランド設立を題材にした映画に着手しているという。同社の創業者ウォルト・ディズニーがカリフォルニア州に同テーマパークを建設するまでの道のりを描いた映画が製作に入っており、同社の配信サービス、ディズニープラスで公開予定だという。

 デッドラインによると、タイトル未定の同作では、『ハロウィン KILLS』のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督、『美女と野獣』や『スノーホワイト/氷の王国』を手掛けたエヴァン・スピリオトポウロスが脚本を担うという。

 「地球上でいちばん幸せな場所」という謳い文句を掲げたディズニーランドは、1955年に最初のパークが開業、その後フロリダや東京、パリなど世界各地でオープンしたものの、ウォルト自身による監督のもと建設されたのは、最初のパークのみとなっている。

 ウォルト・ディズニーを描いた映画としては、トム・ハンクスが主演した2013年作『ウォルト・ディズニーの約束』に続く2作目となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス