文字サイズ

超有名新興宗教を脱退した女優、費やした金額を後悔…芸能界の現役信者との関係も告白

 女優のリア・レミニ(50)は、新興宗教サイエントロジーに費やした額を思うと泣きそうになるという。2013年に脱退したものの、同宗教に投資した多大な金額を後悔しているそうだ。

 かつて信じていた同宗教にいくら使ったのかと聞かれたリアは、「未だに計算した事もないの。本当に考えるだけで泣けてくる。私が費やした全てのお金はサイエントロジーの口座に動かずにあって、取り戻せる術は全くないのよ」と語った。

 そんなリアは脱退後、同宗教を声高に批判するようになり、『リア・レミニ「私は元サイエントロジー信者」』のようなドキュメンタリーも制作している。

 今回ルイス・セローのポッドキャスト番組『グラウンデッド』に出演したリアは、同宗教が有名人の信者が多いという理由でハリウッドの宗教とされる説についてこう語った。「サイエントロジーは、ハリウッドの宗教として知られているわけではないわ。ハリウッドにはサイエントロジーの信者より、他の宗教の信仰者の方がはるかにいる。それは彼ら広報の決まり文句で、実際はサイエントロジーは一般に小さいグループ。世界中で信者は4万人ね」

 一方、リアは以前、脱退以来同宗教の信者であるセレブ達の中でのけ者となり、彼らから避けられた経験を明かしてもいた。同宗教の有名信者との関係を聞かれたリアは、「彼ら何が何でも私を避ける事が仕事なの。広報担当者を通して、私と一緒の部屋になった場合は、必ず対極に座らせたり、私がそこに来ると分ると、その予定していたイベントに現れなかったり。そういう事よ」と答えていた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス