文字サイズ

同性婚の「キンキー・ブーツ」俳優 少年時代に義理の父から虐待 無条件の愛に苦悩

 ビリー・ポーター(51)は無条件の愛を今まで経験したことがないそうだ。「キンキー・ブーツ」やレッドカーペットでの唯一無二なファッションで知られるビリーだが、2017年に同性パートナーのアダム・スミスと結婚。少年時代は義理の父から虐待されていたそうで、トラブル続きだった幼少期が現在の自分に依然影響を与えているという。

 「無条件の愛の受け取り方を把握しようとしている。一度もそれをもらったことがない人間には至難の業さ。だから何とかそれに向かって進もうとしているんだ」とビリーはガーディアン紙に語る。そして、夫のアダムにも自分の心を開くのが難しいとして、「信じるかはさておき、僕は他人との関係の中で感情を抑え込む。パートナーと充分に話すことができなくてね」と続けた。

 そして親に何か借りがあるかと聞かれたビリーは「許すことだね。もうかなりできるようになった。母親はニュージャージーの老人ホームに住んでいる。彼女は僕の人生における最愛の人だ。僕は今あらゆる成功を収めているけど、彼女には変性障害があって、一緒にそれを楽しむこともできない」と答えていた。

 また、ゲイという自身のセクシャリティにより教会仲間から拒絶された思い出に今も苦しんでいるそうで「若い頃、僕の教会のコミュニティからゲイとして生きる選択をするかぎり、君は決して祝福されないだろうって言われたんだ。誰もが知っているように、それは選択ではないのに」とビリーは明かし、自分の仲間からの拒否はこらえるとしてこう続けていた。「最も初期の思い出はアセンション・バプテスト教会での5歳か6歳の時のもの。既に僕はあまり男性的でないと懸念されていた。でも、僕が歌いだすと大人たちの目の中にあった、その恐れが消え去ったんだ」(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス