文字サイズ

キム・カーダシアン・ウェスト 全身性エリテマトーデスの検査を受診

 キム・カーダシアン・ウェストが全身性エリテマトーデスの抗体検査を受け陽性反応だったという。8日放送の「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」では、自己免疫疾患の同病気及び関節リウマチの疑いを医者から指摘され泣き崩れるキムの姿が映し出されていた。キムは手首の痛みや疲労を感じたことから、医師の元を訪ねていたそうだ。

 「最近手首がまた痛み始めてきたけど、絶対にいつもとは違う感じがする。何というか骨の中の痛みって感じ。動揺しているわ。(代理母による)赤ん坊だって生まれるし、法律の勉強もある。(体の異変が)自分の人生にどう影響を与えるのかを考え始めると怖いの」と話したキムは、電話越しに医者から、「全身性エリテマトーデスと関節リウマチにおけるあなたの抗体は陽性です。関節の腫れ、発熱、発疹、口内炎、倦怠感といった症状が出る可能性もあります」「検査の結果が間違って陽性となってしまうこともあります」と告げられ、後日更なる検査をすることを要請された。

 同番組中その後の検査結果については発表されていなかったが、キムのツイッターにはこう綴られている。「運良く、答えを直ぐにもらったけど、本当に感情の波が押しせた。手の痛みを感じ、何の病気かを考えている時はとても怖かったわ。恐怖で頭が一杯だった。何がおかしいんだろうって本当に心配していたの」(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス