文字サイズ

ミランダ・ランバート、ACMカントリー音楽賞にて歴史的快挙

ミランダ・ランバート
1枚拡大

 ミランダ・ランバートがアカデミー・カントリー・ミュージック・アワード(ACM)にて最多受賞者の偉業を成し遂げた。15日、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにて開催された同式典で、ミランダは最優秀女性ボーカリスト賞、最優秀楽曲賞の2冠に輝き、同アワード始まって以来合計31冠を手にしたことになりACM最多受賞アーティストとなった。

 受賞後のインタビューで、その快挙についてミランダは、「信じられない。本当に。どうもありがとう。カントリーミュージックを愛している。私の人生の全てだから。自分の全てを注いだし、みんながそれに余りあるぐらいサポートをしてくれた。これからもそれを当たり前のこととは思わずにやっていくわ。本当にありがとう。イエスを称えて」とコメントしている。

 また、今回ミランダと同じく、クリス・ステイプルトンが最優秀男性ボーカリスト賞と「フロム・ア・ルーム:ヴォリューム1」で最優秀アルバム賞、ブラザーズ・オズボーンが最優秀ボーカル・デュオ賞と「イット・エイント・マイ・フォルト」で最優秀ビデオ賞でそれぞれ2冠を獲得している。その他にも新人女性、男性ボーカリスト及びボーカル・デュオには、ローレン・アライナ、ブレット・ヤング、ミッドランドらがそれぞれ受賞した。

 他にはジェイソン・アルディーンが3年連続で最優秀エンターテイナー賞を獲得、昨年は銃乱射によって59人の死者と500人以上の負傷者を出したラスベガスのルート91・ハーベスト・フェスティバルに自身が居合わせていたことを言及しながらジェイソンは「大変な年だったよ。過去6ヶ月に渡ってみんながくれた愛とサポートにありがとうといいたい。ルート91にいた人達、君たちは僕の心の中にいる、常にだ。みんなを愛しているよ。そしてラスベガスを。気丈でいてくれ、ベガス」とスピーチしていた。

(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス