文字サイズ

「鎌倉殿」HPに怖い次回予告 早くも勝ち組・梶原景時を引きずり下ろし 暗黒開幕、りく暗躍

 中村獅童
 御所・寝殿にて。頼家の前に揃った十三人の宿老たち=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第27回から
 御所・政子の居室にて。頼家を補佐する体制について政子に報告する義時=NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第27回から
3枚

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、次週10日は参院選特番のため休止し、17日に第27回「鎌倉殿と十三人」が放送される。

 源頼朝(大泉洋)が急死して前半を折り返し、時代は二代頼家(金子大地)へ。テレビの次回予告では、新たな船出の雰囲気だったが、公式HPで公開された予告動画は趣が異なり「パワーゲーム開幕!火花散らす権力闘争」とのテロップで、御家人たちの暗黒闘争の幕開けを告げている。

 第26回では、後継争いが起こる中、二代将軍の座についた頼家の背後に、早くも梶原景時(中村獅童)がついて指南しており、頼家を操ろうとしている姿が。勝ち組として描かれたが、次回予告では、暗躍をはじめた北条の継母りく(宮沢りえ)が「梶原を引きずり下ろしてしまいましょう」とうれしそうに語っている。

 和田義盛(横田栄司)は景時の前で「こいつを信用ならねえという御家人は山ほどおります」と声を荒げている。

 同じく頼家が後を継ぎ、乳母家である比企能員(佐藤二朗)がほくそ笑む姿も描かれたが、予告では北条との衝突が激しさを増す様子も伝えられている。

 第27回は、鎌倉では宿老たちが居並ぶ中、新たに鎌倉殿となった源頼家(金子大地)が自身の方針を表明。これに北条時政(坂東彌十郎)と比企能員(佐藤二朗)は共に困惑し、梶原景時(中村獅童)は賛辞を贈る。その様子を政子(小池栄子)に報告した義時(小栗旬)は、弟・北条時連(瀬戸康史)と愛息・頼時(坂口健太郎)を頼家のもとへ送り出し…とのストーリーが予告されている。

 なお公式ツイッターでは予告動画とともに「7月10日は『参院選開票速報2022』放送に伴い、放送を休止いたします」とおことわりを入れている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス