文字サイズ

辻元清美氏 国政復帰目指し第一声「今こそあの場に戻って」「カジノいらん!!」

 第26回参院選は22日公示され、7月10日投開票に向けた18日間の選挙戦が始まった。与野党は焦点となっている物価高対策をはじめ防衛費、消費税、年金でも政策を競う。立候補は改選124議席(選挙区74、比例50)と非改選の神奈川選挙区の欠員1を補う「合併選挙」を合わせた計125議席に選挙区367人、比例178人の計545人が届け出た。比例で受理された政党・政治団体は計15。2000年以降の参院選で最多だった01年の計14を上回った。

 ◇ ◇

 昨年の衆院選で落選し、比例代表に鞍替えした立憲民主党の辻元清美前副代表(62)は大阪・高槻市駅前で出発式を行い、国政復帰に向けて第一声を上げた。「今こそあの場(国会)に戻って、皆さんの声を届けないと数年後、日本がどうなっているか分からん」と、再び立ち上がった理由を説明した。

 また、争点の一つを「大阪で維新が進めるカジノを阻止できるかどうか」と、大阪府と大阪市が誘致を目指す、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)だとし、「カジノはいらん!」ときっぱり。

 初の全国比例に「苦戦しております」と打ち明け、「ここ大阪から勝負をかけます。もう一度、国会に送り返してください」と訴えかけた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス