文字サイズ

朝ドラ、「誰も予想していなかった事態」に考察合戦「乱入」「逃走」【ネタバレ】

 25日に放送されたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」は、思いを寄せる石川博夫(山田裕貴)を諦め、家族のために製糖工場の御曹司・喜納金吾(渡辺大知)との結婚を決めた良子(川口春奈)が、両家の顔合わせに臨むシーンとナレーションで終わり、ネットは“誰も予想していなかった事態”を考察する声でにぎわった。

 この日の「ちむどんどん」ラストシーンは、思いがかない満面の笑みを見せる金吾と、硬い表情の良子。そして「両家の顔合わせ。この晴れの日に、誰も予想していなかった事態が訪れようとしていました」の語りで終了した。

 その前には、姉の思いを知る歌子が博夫の勤務先の小学校へ行き、「ねーねーが結婚してしまっても幸せですか?幸せじゃないなら、ねーねーを止めて下さい。お願いします」と姉の結婚を止めてほしいと頼み込んだ。博夫も、突然やって来ておどおどしながら「幸せですか?」と聞く歌子をいぶかしがりながらも「ひょっとして、でーじ恥ずかしがり屋の良子の妹?」と優しく聞く場面もあった。

 また、良子と歌子の会話を聞いた、お騒がせの兄・賢秀(竜星涼)が金吾の父の製糖工場社長と会い、過去の男が良子につきまとっていると嘘を言い、手切れ金10万円を自分に渡すよう持ちかけるシーンも。

 それらの流れも踏まえ、ネットでは考察合戦。「◎石川先生乱入 ○ニーニーに騙されたことに金吾父が怒って破談 ▲優子さん、歌子ちゃんが金吾との結婚に猛烈に反対 △良子ちゃん、金吾の心意気に惚れ込む」「まさか“卒業”パターンとか ニーニーが金せびっていたのがバレるとか ネーネーやっぱムリ!と言って逃走とか 歌子突然歌い出すとか」「歌子 博夫 両家の顔合わせの席に乗り込んで 良子に結婚を思い止まるように言いそうな予感」など、さまざまな説が集まった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス