文字サイズ

清原氏の元妻・亜希 料理は「ほどよくガサツで」「カッコイイ食べ物はなかなか家ではできない」

 モデルでアパレルブランド「AK+1」のディレクションも担当する亜希が28日、YouTubeに新規投稿。家で作る料理について思いを語った。

 YouTube「亜希の母ちゃん食堂」については、インスタグラムに『タッパで簡単 我が家の白菜漬け』の写真を投稿。「頑張らない、ほどよくガサツで、どこにでもありそうなものも増やして行きたいと思ってます」とした。

 動画の中でも「クックパッドとかなるべく見ないようにして。独自性で」と細かいレシピなどになるべく頼らないようにしていることを明かし、「そんなさ、かっこいい食べ物なんて、なかなか家ではできないからさ」と理由を説明した。

 亜希は2014年に離婚した野球評論家の清原和博氏との間に慶応大1年野球部所属の長男・正吾君(19)、高校生の次男(16)がいる。

 インスタには次男に手作りした弁当の写真をアップしており、手作りのお漬け物も登場するが、「やっぱりおしんこって家で作ると安心」と笑顔。タッパー型保存容器に1枚1枚白菜を入れては塩をふり、昆布、唐辛子、、ゆず、最後に白だしを少しふり、ビニール袋を手袋代わりにしてギュッギュッと強く押す…という「簡単」な白菜漬の作り方を紹介していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス