文字サイズ

なにわ男子・大西、初の単独映画出演 監督は成長力を評価

 女優の南沙良(19)が映画「この子は邪悪」(22年公開)に主演することが16日、分かった。昨年4月クールのドラマ「ドラゴン桜」で演じた明るく天真らんまんな役柄から一転、暗い過去を抱えたシリアスなヒロインに変身。脚本を兼ねた片岡翔監督(39)が「天才性に驚きました」と絶賛する“闇演技”で難役を立体化させている。なにわ男子の大西流星(20)らの出演も解禁された。

 なにわ男子の大西は、初の単独での映画出演。花と心を通わせていく高校生の四井純を演じ「普段感じることのない感情になり、演じるのは難しかったですが、監督と話し合いながら純くんの人柄や作品の世界観を作り上げることができ、勉強となる時間でした」と回顧した。片岡監督は撮影中の成長力を評価し、「クライマックスでは仕事を忘れて見入ってしまうほどの芝居を見せてくれました」と感謝。また、花の父親となる心理療法室の院長を玉木宏(42)、母親を桜井ユキ(34)が演じている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス