文字サイズ

海部俊樹元首相が死去 91歳、老衰 自衛隊初の海外本格派遣

 元首相の海部俊樹(かいふ・としき)氏が9日午前4時、老衰のため都内で死去した。91歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行われた。

 リクルート事件で竹下内閣、女性スキャンダルなどで宇野内閣が相次ぎ倒れ、政治不信が高まる中、89年8月に第76代首相に就任。昭和生まれ初の首相だった。小派閥の河本派出身だったが、クリーンなイメージを買われ、最大派閥の竹下派に支えられた。

 90年8月に起きた湾岸危機への対応を巡り、多国籍軍への計130億ドルの支援決定について、人的貢献が不十分と批判された。91年に自衛隊初の本格的海外派遣としてペルシャ湾の機雷除去に掃海艇を送る。92年の宮沢内閣による国連平和維持活動(PKO)協力法制定への道を開いた。

 「内閣の命運を懸ける」と明言した政治改革関連法案の廃案が決まると衆院解散を模索したが、竹下派の同意が得られず91年11月に退陣。目標の政治改革は実現できなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス