文字サイズ

綱啓永「ひたすら目の前のことに」全力投球 フジ系ドラマ「顔だけ先生」で好演

 ドラマ「顔だけ先生」で好演を見せる綱啓永
 ドラマ「顔だけ先生」で好演を見せる綱啓永(撮影・三好信也)
2枚

 俳優の綱啓永(22)が、フジテレビ系ドラマ「顔だけ先生」(土曜、後11・40)で、クラスのムードメーカーを好演している。

 神尾楓珠(22)演じる破天荒な非常勤講師が生徒たちの人生観を変えていく物語で、仲良し男女5人組の中心的存在の高校生・坂本佑太役。綱は「クラスに1人はいる“陽キャラ”。似てますね」と笑い「ファンの方も『ほぼ啓永くんだ』って。できるだけ自分を出したいというか、自分にある要素を生かして演じたいので狙い通り。すごくうれしかった」と演技へのこだわりをにじませた。

 同世代の共演者が多い現場。「めちゃめちゃ楽しい」と声を弾ませる一方で「本当に刺激しかない。『負けていられない』っていう気持ちが芽生える。いい現場」と燃えるライバル心も隠さない。

 17年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。19年には「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でリュウソウブルーを演じた。今年2月からは恋愛リアリティー番組「恋とオオカミには騙されない」に出演。女子中高生を中心に、知名度が一気に上がった。

 SNSのフォロワー数は急増。一方でフォロワー数=ファンの数ではないことも実感した。「ファンを獲得するのって難しいなと。ファンの方がいないと、この仕事はできない。やっぱり頑張っている人って応援したくなると思うので、ひたすら目の前のことを頑張ってやっていれば、少しずつファンの方がついてくれるのかな」と、何事にも全力投球を肝に銘じている。

 次の目標は連続ドラマの主演。「同性にカッコいいって言われる人は、本当に中身からカッコいい人が多いと思う。そこを目指したいです」と将来の理想を掲げると「あとは親にちょっといい車を買いたいですね。いつか。大きい親孝行をしてみたいな」と、少し照れくさそうに孝行息子の顔を見せた。

 ◆綱啓永(つな・けいと)1998年12月24日生まれ。千葉県出身。17年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ。18年に「文学処女」でドラマ初出演。19年に「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でリュウソウブルー役。「この初恋はフィクションです」(21年、放送中)、舞台「タンブリング」(21年)、映画「ショコラの魔法」(21年)などに出演。身長176センチ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス