文字サイズ

SixTONES京本大我 主演×音楽担当の二刀流で単独座長 演出は滝沢副社長

 人気グループ・SixTONESの京本大我(27)が、来年8月に新橋演舞場で開幕するミュージカル「流星の音色」に主演し、音楽も担当することが6日、分かった。伝統ある同劇場で単独初座長を務め、テーマ曲の作詞作曲も自身で手掛ける。一年に一度だけ橋が架かる二つの星を舞台に、初めての恋と悲劇を描いたオリジナルミュージカルで、ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏(39)が演出を担当する。

 主演と音楽の“二刀流”を演じる京本は「クリエィティブな挑戦をしたいという僕の想いを滝沢君が汲んで下さり、このような素敵な機会を頂きました」と目を輝かせた。Jr.時代、「滝沢演舞城」「滝沢歌舞伎」シリーズに過去7回出演してきた京本は、当時座長だった滝沢氏の背中を追い研鑽を積んできた。成長を遂げ、“師匠”とのタッグで新たな化学反応を起こす。

 卓越した歌唱力に加え、これまでグループのオリジナル曲「Tears」の作詞作曲を務めるなど高い音楽的才能を持つ。舞台に楽曲を書き下ろすのは初だが、「もうほぼほぼ完成しています」と手応えをにじませた。タイトルにちなみ、今年の七夕から打ち合わせをスタートしたといい、「気合十分で挑むこの作品を、沢山の方に肌で感じて頂きたいです」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス