文字サイズ

山田裕貴 難役に「苦しいですよ」と苦笑も「それがやりがいでもある」

 俳優・山田裕貴(31)が6日、東京・PARCO劇場でこの日開幕する主演音楽劇「海王星」のフォトコールと初日前会見に、共演の松雪泰子(49)、ユースケ・サンタマリア(50)らと出席した。

 寺山修司の未発表音楽劇で、出航しない船上ホテルを舞台にした悲恋の物語。父の婚約者と愛し合う息子を演じる山田は「感情の奧の奧まで伝えるには相当の技量と集中力と精神力が必要だなと思っています。感情がフラットでいられるシーンがない。苦しいですよ」と苦笑しつつ「それがやりがいでもあるし、日々進化していく舞台になるのでは」と気合。「この舞台に立つみなさんが『海王星』をやりきれたと思えるような舞台になればいいなと。僕はまだまだ若輩者でなかなか力不足を感じている日々なんですけど、みんながこれをやりきって楽しくここで生きられたら、お客さんもそれを楽しんでもらえるんじゃないかなとを思って、頑張りたい」と力を込めた。

 父の婚約者役の松雪は「バディである山田裕貴君と、とにかく繊細に緊張感を切らさずに、最後まで劇の中で愛を表現していくことに集中していきたい」と抱負。父親役のユースケは「今まであまりみたことのないような感覚になる、思ったよりすごくいいものができたなと手応えを感じています」と自信をのぞかせた。

 30日まで。大阪、富山、宮城、青森、名古屋でも上演される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス