文字サイズ

加賀まりこ「心から感謝しております」 自閉症の息子抱える事実婚相手に涙の感謝

 舞台あいさつを行った加賀まりこ(右)と塚地武雅
 舞台あいさつで笑顔を見せる加賀まりこ(右)と塚地武雅
2枚

 女優・加賀まりこ(77)が5日、都内で54年ぶりの主演映画「梅切らぬバカ」の大ヒット御礼舞台あいさつを、共演の塚地武雅(50)らと行った。

 老母と自閉症の息子の日々を描く本作にちなみ「生まれてきてくれてありがとう」と伝えたい相手を聞かれた加賀は、自閉症の息子がいる事実婚のパートナーと回答。出演を迷っていた際に背中を押された上、撮影現場にも2週間付き添ってくれたと明かし「心から感謝しております」と声を震わせた。

 3館で始まった上映は現在、119館にまで増加。加賀は「47都道府県、全部いきたい」とブチ上げ、秋田と高知がまだであると説明した塚地は「私、高知県の観光特使をやってるんです。なのに、なぜ高知で!?ぜひやっていただきたい!私の一族も住んでおります」と懇願していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス