文字サイズ

小学生が選ぶ今年の漢字は「楽」コロナ禍昨年と比較「友達と楽しく遊べた」ベネッセ調べ

 株式会社ベネッセコーポレーションは1日、「小学生が選ぶ今年の漢字」を発表。1位は「楽」、2位は「笑」、3位は「幸」と、ベスト10はすべてポジティブな漢字が並んだ。

 調査は「進研ゼミ小学生講座」の小学3年から6年生会員1万6531人から回答を得た。その中で「キミの1年を漢字1字で表すと?」という自由回答で1位となったのが「楽」。これは昨年はトップ10入りしなかった漢字で、その理由として「今年は友達といっぱい楽しく遊べた」「去年より行事がたくさんあった」など、新型コロナで学校生活に制限があった昨年と比較し、今年は楽しく遊べたという喜びが表れている。

 2位の「笑」、3位の「幸」も「マスクでも友達とたくさん笑った」「コロナでも友達や家族がいて幸せ」など、友達とのエピソードが数多く上がっていたという。

 去年上位だった「悲」(5位)、「苦」(7位)は圏外に。代わってトップ10には「楽」「愛」「夢」「好」「喜」が新たに入り、トップ10すべてポジティブな漢字が入った。

 また「なりたい職業ランキング」では1位はYouTuber。2位は漫画家・イラストレーター・アニメーター。3位は芸能人だった。女子だけに限ると1位は漫画家・イラストレーター・アニメーター。男子の1位はゲームクリエイター・プログラマーだった。

 男子で特徴的とされるのは3位のサッカー選手に、4位の野球選手が肉薄していること。大谷翔平選手の影響もあるのでは?と分析されている。

 その大谷翔平選手は、小学生のあこがれのスポーツ選手で1位となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス