文字サイズ

林部智史「父を感じる」小椋佳と“美声デュエット唱”全国ツアー最終公演

 共演した林部智史(右)と小椋佳
 ツアー最終日で熱唱する林部智史=都内
 ツアー最終日で熱唱する林部智史=都内
3枚

 歌手の林部智史(33)が29日、東京国際フォーラムで全国ツアーの最終公演を行い、歌手活動からの引退を表明している小椋佳(77)と“美声デュエット唱”を披露した。

 林部は小椋が楽曲提供したアルバム「まあだだよ」を1月にリリース。3度目のステージ共演に「良い意味でようやく慣れてきました」と笑顔を見せ、アンコールで「愛燦燦」と「歓送の歌」を2人でエモーショナルに歌い上げた。

 デビュー5周年の林部は、50周年の小椋から「父を感じる。大きな背中で語るイメージがあって、歌と背中で吸収したい」と刺激を受けている様子。引退間近の小椋については「歌っている姿を見たいけど、自分の活動を締めるのは小椋さんらしい。目に焼き付けておきたい」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス