文字サイズ

有村架純 初大河で家康の正室 3度目共演で松本潤と初の夫婦「めおと漫才の関係性」

 嵐の松本潤(38)が徳川家康役で主演する2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表会見が29日、都内で行われ、織田信長役の俳優・岡田准一(41)らが解禁された。事務所の後輩にあたる松本は、岡田の一言で出演を決めたと明かし、岡田も座長の気配りに太鼓判を押した。豊臣秀吉役はムロツヨシ(45)、武田信玄役は阿部寛(57)、今川義元役は野村萬斎(55=欠席)。家康の正室・瀬名(築山殿)を演じる有村架純(28)は初めての大河となる。

 家康の正室・瀬名=築山殿役の有村は松本と3度目の共演。14年のドラマ「失恋ショコラティエ」で兄妹役、17年の映画「ナラタージュ」で教師と生徒の禁断の恋を演じ、本作で夫婦となる。明るく朗らかな、家康の初恋の相手。有村が「3度目はめおと漫才をするような関係性なので楽しみ。愛着のある役になればいいな」と笑顔を見せれば、松本も「史実上のちょっと悪女的な感じとは違った感じに描かれると思うので、楽しみに思っています」と破顔した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス