文字サイズ

秋篠宮さま 結婚儀式見送り「私の判断」圭さん名前出さず 金銭トラブル対応に“苦言”

 秋篠宮さまは30日、56歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・赤坂御用地の赤坂東邸で記者会見し、長女小室眞子さん(30)の結婚で皇室慣例の儀式を見送った理由や心境などを明かした。また夫・小室圭さん(30)の小室家の金銭トラブルへの対応などについて「自分の口から話をして質問に答える」機会があるべきだったなどと考えを述べられた。

 秋篠宮さまは、眞子さんの結婚で「納采(のうさい)の儀」など皇室慣例の三つの儀式を見送ったことを「私の判断」と明らかにした。

 判断に至った理由を「トラブルが解決していなかった。この春に娘の夫が長い文書を出した。あれを読んで、みんながすぐに状況を整理して納得できるものではないと判断し、三つの行事を行わないことにした」と説明。「娘の夫」と呼んで、小室さんが4月8日に出した、小室家の金銭トラブルに関する28ページもの文書についての考えを述べた。

 小室さんとの結婚による皇室への影響も明かした。「秋篠宮家以外の皇室にも影響が出た。上皇陛下がいろいろ言われたとか、週刊誌に出たりもした。負担になったことは間違いない」と認め、儀式見送りが「皇室の行事、儀式が非常に軽いものだという印象を与えた」と述べた。

 眞子さんの複雑性心的外傷後ストレス障害の要因は週刊誌やインターネット上の記事と推測し「誹謗(ひぼう)中傷は雑誌であれ、ネットであれ許容できない」とした。事実と異なる記事に対して「反論する基準作りをしていく必要がある」と指摘した。

 結婚当日、眞子さんを「元気で暮らしてくれればいい」との気持ちで送り出したと明かし、米国での新生活は「本人たちが米国で生活すると決めた。本人たちにとって一番良いこと」とした。

 眞子さんの体調を踏まえて質疑応答が取りやめとなった結婚記者会見は「一方向ではなく、双方向の会見にしてほしかった。直前まで本人もそのつもりでいたが、複雑性PTSDがあり、難しかった」と述べた。

 小室さんと久しぶりに会った印象を問われると「面会していた時間が20分ぐらいでしたので、何か印象に残ることというのは特に私にはありませんでした」と素っ気なかった。小室さんの一連の対応については「夫は文書では説明をしているが、自分の口から話をして、質問に答える。そういう機会があった方が良かった」と“苦言”を呈した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス