文字サイズ

テレ朝・亀山社長 10月大改編に手応え「年末に向けてさらに勢いづけて」

 テレビ朝日の定例社長会見が26日、東京・六本木の同局で開かれた。情報番組「報道ステーション」(月~金曜、後9・54)で元NHKの大越健介氏(60)の新キャスター起用、同局の人気連続ドラマ「相棒 season20」(水曜、後9・00)「科捜研の女」(木曜、後8・00)「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜、後9・00)開始と、10月の大改編に亀山慶二社長は手応えを見せた。

 亀山社長は「10月1週、2週とトップを取れて良いスタート切れてるのが大きい」と分析し、「うちの根幹である番組の報道ステーションで良い形でスタートできました。大越キャスターは深い視点と洞察を持って、しっかりと情報を伝えていただいてると思います」と評価。

 ドラマ3番組も「民放連続ドラマの上位にランクインし、好スタートを切ったと考えております。期待通りのスタート」と話し、「良い流れを継続し年末に向けてさらに勢いづけていきたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス