文字サイズ

三山ひろし 自身の田んぼから米230キロ収穫 特Aクラス目指す

収穫した稲穂を手に笑顔の三山ひろし=岐阜県内
黄金の稲穂をバックに笑顔の三山ひろし=岐阜県内
2枚

 演歌歌手の三山ひろし(41)が25日、岐阜県山県市美山地区で「みやま産こしひかり三山米」の収穫を行った。三山は同市ふるさと大使を務めており、6月に3反(900坪)の田んぼを開場した。

 成長過程を見守ってきた米も収穫時に。この日はコンバインで収穫予定だったが、あいにくの雨。手刈りで金色に揺れる稲穂を丁寧に刈り取り、3反の田んぼから約230キロほど収穫した。

 三山は「今年6月に田植して以来、定期的に稲の成長具合を写真で送ってもらい見守ってきました」と感慨深げ。収穫された米は米・食味分析コンクールに出品予定で「“特A”クラスに認められたら嬉しいです。コロナの鎮静化の兆しも見えてきました。美味しいお米を食べて、心も体も元気に毎日を過ごしていきたい」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス