文字サイズ

「相葉マナブ」でキンパ釜飯敗れる波乱 19連勝中絶対王者を破ったのは?

 24日にテレビ朝日系で放送された「相葉マナブ」の名物企画「釜-1グランプリNEO」で、19連勝中のキンパ釜飯が敗れるという波乱が起こり、ネットも驚きの声があふれた。

 ついに20連勝に到達かと注目された「キンパ釜飯」に立ちはだかったのは「さんまの蒲焼き釜飯」だった。

 どこでも手に入る「さんまの蒲焼き」の缶詰を使った一品で、缶詰の中の汁も全部使うのがキモ。にんじん、ごぼうをいれて炊きあげる。

 「釜-1グランプリ」では、絶対王者のキンパ釜飯が現在19連勝中と絶対王者として君臨中。相葉雅紀、澤部佑、小峠英二の3人が両方を試食し、美味しかった方の札を挙げるシンプルなルールだが、今回、3人が上げた札は全員が「さんまの蒲焼き釜飯」だった。

 これに澤部は「時が動いたぞ」と驚き、小峠も「王座陥落」と仰天した。相葉はここまで頑張って来たキンパ釜飯の札をなでながら「キンパさん、お疲れ様でした」とねぎらいの言葉をかけていた。

 この“キンパ敗北”は番組ファンにも衝撃を与えたようで、放送終了後、リアルタイムツイートランキングで「キンパ釜飯」は3位に入るほど。ネットでは「キンパ釜飯ついに敗れました」「毎週相葉マナブを見ていたらキンパ釜飯のレシピ覚えてしまった」「キンパ釜飯さんありがとう…時代が動きましたね」「キンパ釜飯が負けてびっくりした」などの声が。

 また、キンパ釜飯へねぎらいの言葉をかけた相葉についても「キンパのボードにありがとうって言えるのピュア過ぎる」「キンパ釜飯にも優しさがあふれていて」など感激の声が上がっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス