文字サイズ

カズレーザーがひらめきの源に迫る!母校で「高級食パン」「薄毛」の第一人者と真剣対談

 お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが、カンテレのビジネスバラエティ番組「カズレーザー×ビジネスリーダー 未来人~ひらめきで世界を変える~」(10月31日、前6・30=関西ローカル)に出演。ビジネスの世界で新たな風を吹き込んでいる企業人を“未来人(ミライスト)”と呼び、ひらめきの源や素顔に迫る。

 母校・同志社大で収録を行ったカズレーザーは、高級食パンブームの先駆けとなった乃が美ホールディングス・阪上雄司社長と、薄毛の専門クリニック「Dクリニック」の鈴木雄一郎院長と対談した。

 1日9万本が売れる高級「生」食パンを「繊維の感じをちぎりながら食べてほしい」と説明する阪上社長。食パンに関しては全くド素人だったという。あることがきっかけで、食パンを作り始めたというエピソードに、カズレーザーは「なるほど」と納得。ひらめきの源や、これからの展望についても迫る。

 抜け毛の悩みを訴える患者一人一人に合わせた治療法を提案する鈴木院長が重要視しているのは、丁寧なカウンセリング。髪の毛の脱色を繰り返しているカズレーザーが、実際にカウンセリングを受ける。「患者さんの気持ちを知ること」がひらめきの源という鈴木院長。そのためにした“あること”とは何かと、カズレーザーに問いかける。

 2人との対談を終えたカズレーザーは「食べ物と医療というだいぶ離れたジャンルの2人でしたが、共通したのは相手の笑顔・幸せな顔を望んでいるということ。そこはビジネスに共通する原理なのかな」と、収録を振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス