文字サイズ

上重聡アナ 松坂大輔は「実は膝も骨折」 故障苦しみ「魔法があったらと言ってた」

 日本テレビの上重聡アナウンサー(41)が24日、同局情報番組「シューイチ」に出演し、19日に行われた、同い年で高校時代にライバルだった西武・松坂大輔投手(41)の引退試合を伝えた。

 1週間ほど前に、松坂から「キャッチボールを付き合ってほしい」と頼まれ、荒川の河川敷で2人でキャッチボールしたことを明かした。「1球1球、本当に痛そうで。あの日のために練習したいということで、キャッチボールに付き合ってくれと。涙、涙でボールが見えなかったんですけど」と振り返った。

 「体はボロボロだったと思うんですが、あのマウンドに立てたこと自体が、最後まで平成の怪物だった」と拍手を送った。

 肩肘だけでなく、「あまり言ってないんですが、実は膝も骨折してたみたいで、二十何年間、骨折したまま投げていたみたいです」と伝え、「折れてたみたいで、ずっと痛いなと思いながら。改めて怪物だなと」と語った。

 松坂がここ数年は全国の病院を訪ねて治療したことを伝え、「最後は『魔法でもあったら治して欲しい』と言ってたくらいだったので、投げられない辛さはピッチャーにとって一番苦しかったと思う」と明かした。

 「個人的には第2の松坂大輔を育てて松坂監督も見てみたい。私、実況席にいますので、放送席でもお待ちしております」とねぎらった。

 PL学園エースだった上重アナは、横浜高校のエースだった松坂と2度、甲子園で対戦。1998年の選抜では準決勝で、夏の甲子園では準々決勝でいずれも松坂と投げ合い、敗れている。延長17回の熱戦となった夏の甲子園は今も語り草となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス