文字サイズ

清原果耶 モネの菅波への恋愛感情自覚はあの場面 博多大吉「我々が急ぎすぎた」

 清原果耶
NHK「あさイチ」のインスタグラム@nhk_asaichiから
2枚

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロイン永浦百音を演じる女優の清原果耶が19日、NHK「あさイチ」に出演した。

 同ドラマでは、坂口健太郎演じる医師・菅波光太朗と百音の、スローに展開する恋愛模様に注目が集まり「菅モネ」という略称が、たびたびネット上で注目ワードに上がるほど。

 清原はこの日、モネが菅波先生に対する恋愛感情を自覚したタイミングを聞かれ、9月3日放送で菅波がモネを抱きしめるシーンをあげた。

 「大前提としてモネは恋愛軸で生きてきていない」と生きざまを分析した上で、抱きしめる場面と想像。「始めの出会いはつんけんして距離も遠くて、それからじょじょにつまっていくんですけど、恋愛としてなのか人としてなのかはまた別じゃないかなと考えていて。抱きしめる場面まで自覚はしなかったんじゃないかな。いわゆる好きとか大事にしたいとかちゃんと思ったのはそこなんじゃないかな」と解釈した。

 坂口は以前に同番組に出演した際、菅波がモネへの恋愛感情を自覚した場面について、モネが過去のトラウマに苦しむ菅波の肩にそっと手を置くシーンとした。司会の博多大吉は「坂口さんにも、ちょっと遅くないですか?と言ったくらいですが…我々が急ぎすぎてた」と反省。清原は「本当にゆ~っくりなんです。それが2人ならではのいいところ」と「菅モネ」カップルを代弁した。

 この日の番組には、モネの妹・未知役の蒔田彩珠も出演。同番組のインスタグラムでは博多華丸・大吉らとのショットが掲出されている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス