文字サイズ

令和のお魚王子・鈴木香里武 魚の“生きざま”を見て「触れ合う体験を増やして」

 “令和のお魚王子”ことタレントの鈴木香里武(29)が15日、都内で行われた「海のごちそうフェスティバル」に料理評論家の服部幸應氏(75)らと出席した。

 「食べている魚たちが、何を食べてどんな風に生きているのかという“魚の生きざま”まで見えてくると、本当のおいしさを感じられると思う」と訴え、「最近、小学生に魚の絵を描いてもらうと、切り身を描く子が増えている。周りの大人たちが子供たちに、生き物として魚と触れ合う体験を増やしてほしい」と願った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス