文字サイズ

東貴博“伝説のおかみ”から浅草大衆文化復興のリーダーに指名

 タレント・東貴博(51)が18日、都内で冨永照子氏(84)の著書「おかみの凄知恵~生きづらい世の中を駆けるヒント~」(TAC出版刊)の発表会見に出席した。

 冨永氏は老舗そば屋「十和田」を切り盛りしながら、浅草サンバカーニバル開催や2階建てロンドンバス導入など数々の町起こしを実現させてきた“浅草の伝説のおかみ”。浅草生まれ、浅草育ちで30年来の親交がある東は「この本には気持ちのいいエピソードが載ってます」とアピールし「会見に来いと言われたら来るしかない。頭が上がらない人が相当いると思いますよ」と明かした。

 コロナ禍で浅草全体も苦境に立たされる中、冨永氏は「伝統的に一番やれるものは大衆芸能」と新たな劇場を作る夢を掲げ「その時はあんたが全ての親方だからね」と、東を浅草大衆文化復興のリーダーに指名。東も「自分も劇団をやっているので。『いつかは浅草で舞台やりなさいよ』と言われているので、それは実現しようと思ってますけど」と応じると「もうひと踏ん張り頑張ろうと思ってます」と意気込む冨永氏のパワーに「この勢いでいくと、たぶん140歳ぐらいまで生きると思います」と太鼓判を押して笑わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス