文字サイズ

カズレーザー、純烈へ仰天案でエール グッズに切れ目パンツ?「ギャグに変えて面白く」

 メイプル超合金のカズレーザーが17日、フジテレビ系「めざまし8」で、ムード歌謡グループ・純烈の酒井一圭に切り刻んだ下着などを送り脅迫の容疑でファンの女性が逮捕されたことに「これで純烈さんを見る目が重くなるのは嫌」と、仰天プランをぶち上げた。

 番組では純烈を脅迫した容疑でファンの女性が逮捕された事件を特集。女性はリーダーの酒井が他のメンバーをバカにしたような発言をしたことが「許せなかった」とし、包丁や切り刻んだ男性用下着、脅迫文などを事務所に送付していた。

 これにカズレーザーは「言い方は悪いが、ファンって、グループ同士からしたら他人じゃないですか。グループ同志の方が密に情報量、関係性が濃いに決まっている」とコメント。「その人同士で、こうイジろう、この方がお客さんが喜ぶだろう、そうすれば俺たちはもっと上に行けるだろうって考えてやっていることを、失礼だろうって思うって。それファンなんですかね?ちょっと考えれば分かることじゃないですか。それが成立してるって」と首を傾げた。

 カズレーザーは、今回の事件で、純烈の楽しい雰囲気が変わってしまうことを危惧。「これで純烈さんを見る目が重くなるのは嫌。酒井さんとか、お笑いが上手いから、次のグッズで切れ目の入ったパンツつけるとか、ギャグに変えて面白くしてほしい」と、仰天案も口にし、純烈へエールを送っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス