文字サイズ

倉持医師 大阪の10代男性コロナ死に「すぐに医療機関アクセスできてれば」

 新型コロナウイルス解説でテレビに多数出演する栃木県宇都宮市の「インターパーク倉持呼吸器内科」の院長、倉持仁医師が8日、日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。大阪府の10代後半男性が7日、コロナで死亡したことについて、「すぐに医療機関にアクセスできていれば」と話した。

 詳しい状況は分からないという前提ながら、「このような残念なケースがあるのが悲しいこと。早期治療ができることが当たり前のこと。どういう経過は分からないが、体調不良を感じたときにすぐに医療機関にアクセスできてれば、もしかしたら…というふうには思ってしまう」と語った。

 10代男性は、今月1日に救急搬送され、搬送先の病院で、コロナの疑いがあると検査。陽性と判明したという。搬送時にすでに重症の状態だったため、搬送された重症治療ができる病院で治療したが、7日になくなったという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス