文字サイズ

野々村真 実は2度救急搬送断られていたと明かす 現在は硬化した肺を治療

 番組のコメンテーターで新型コロナウイルスに感染し、今月5日から入院中のタレント・野々村真(57)が17日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」に、入院するまでに実は2度救急搬送を断られていたことを明かした。

 野々村は仕事関係者の感染で濃厚接触者の可能性があり、7月30日に検査したところ陽性反応。その日の夜に38度の発熱や倦怠感、咳などの症状が出て保健所から自宅療養の指示が出た。8月4日に血中酸素飽和度が90まで下がったが救急車が到着した際に96まで回復したため搬送見送りに。同5日に保健所の指示で入院に至ったという。

 ここまでの経緯はこれまでにも伝えられていたが、野々村はこの日、このほかにも1度救急搬送を断られていたことを明かした。7月31日夜に息苦しさや血中酸素飽和度が90近くに低下したたため救急搬送を頼んだがかなわず、合わせて2回救急搬送されなかったという。

 現在、野々村は無料通話アプリ「LINE(ライン)」を使うことができ、連絡を取っているというMCの俳優・坂上忍が「(救急搬送されなかったことが)2回もってなると、いろいろな所にハレーションが生じるんじゃないのかという判断の下、だったらまこちゃんの判断で詳細にお伝えするかどうかというのを待って」これまでは簡単な経緯紹介にとどめていたと説明。

 「まこちゃんの方から、ありのままをお伝えしてくださいという言葉をもらって今日これをお伝えさせていただいている」と話した。

 一時は重症になったこともあったという野々村だが、現在は自力での呼吸が可能に。だが背中側で肺が硬化し、肺炎の状態は良くなっておらず、現在はこの部分の治療がメインになっているという。

 愛知医科大学病院感染症科・三鴨廣繁氏は「かなり心配な状態。今だいぶ軽快しつつあるということでいいかと思うが、背中側で肺が硬くなると、やっぱりずっと呼吸が苦しい状況が続く。治癒したとしても。そうならないかと実は心配しています」と語り、坂上も「まこちゃん本人も、そこを今一番ホントに心配してます」と心配そうに話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス