文字サイズ

小林礼奈 離婚した流れ星☆TAKIUE「好きすぎて尽くしまくった」、泣けてしまう

 タレントの小林礼奈が31日、ブログを更新し、昨年10月に離婚したお笑いコンビ、流れ星☆のTAKIUEについて「好きすぎて何があっても 好きで なんかバカみたいに尽くしまくってて」と振り返り、思い出すと泣けてしまうことを明かした。

 小林はブログのタイトルを「感極まるときがある」とし、「突然ですが私、忙しくしてて毎日毎日 予定や、やる事貯めまくって立ち止まらないように考えないようにしてるんですよね 立ち止まらないようにしているんだけど、娘の最近の発言に胸が痛くなったり」と投稿した。

 小林は「少し 昔を振り返るけど 私 前の結婚して、喧嘩が絶えなくなる前までめちゃくちゃ幸せだったんだよね」とTAKIUEとの生活が幸せだったと記した。「好きな人と結婚して、可愛い子が生まれて、こんなに毎日幸せで良いのかな バチが当たらないかしら なんて考えていた時」と、つづった。

 「もちろん、ワンオペ育児ではあったけど それはずっとワンオペ育児だったけど」とつらい面もあったものの、「でも、ずっと幸せだったな あんな幸せだったのに なんでこんな事になっちゃったんだろって たまに考えるよ」とも記した。

 離婚に至った原因について小林は「多分ね、私が好き過ぎたんだなって思う。前の旦那のこと。私ずっと、好きすぎて 何があっても 好きで なんかバカみたいに尽くしまくってて その片想いというか自分ばかりが好きで大事で1番で。それは娘のことも旦那のことも。振り向いて欲しい。みたいなのが強すぎて なんかおかしくなっちゃった」と記した。

 小林は「ね。思い出すと泣けてくる」とし、「だから パパほしいって毎日言われるの正直めちゃくちゃ一緒に泣きそうになる。てか数回に一回トイレで泣いてるわ」と娘の言葉に泣いてしまうことを明かした。

 それでも、「離婚した事は正解だと思ってる」とし、「けど やっぱ苦しいな、なんでだろ 3人でもっと仲良くしたかったな 一緒にいたかったなって思って泣いてしまう日は たまにあるんだ」と心情をつづった。小林は「離婚した人、思い出して辛くなったり泣いたりしますか? 皆さん サッパリスッパリできてますか?私はそんな風にはできてません 以上 感極まって書き殴りました」と記し、最後に「誰か金持ちのおじさんが有り余った金のふるさと納税でマンゴー送ってくんないかな」と締めくくった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス