文字サイズ

青木理氏 「宮内庁長官、専門家発言も蹴散らし突き進む」政府に「責任を取りなさいよ」

 ジャーナリスト・青木理氏が27日、TBS系「サンデーモーニング」に生出演。東京五輪開幕までにワクチンで集団免疫を作ることができず、開催中に緊急事態宣言を発令する可能性が高くなってきた事態に際し、政府へ「きちんと責任を取りなさいよ」と厳しく迫った。

 青木氏は「ワクチンが100万回っていうことは、ある程度目標を達してきた」としながらも「オリンピックもう7月23日…1カ月切ってるんですけれども、これには間に合わない。イギリスなんかがそうですけど、ある程度打っててもデルタ株で増えてるところもある。だから、とても集団免疫を作れるような態勢にはこのままワクチンを打ってもオリンピックには間に合わないことになってくる」と断言。

 そうなると、五輪の最中に緊急事態宣言を発令せざるを得ない状況になる可能性が非常に高く、大阪で一時期あったような、五輪開催の一方で医療にアクセスできず自宅で命を落とすような人が出るという状況になりかねないと指摘。

 そうした状況でも五輪開催へ突き進む政府へ、青木氏は「宮内庁長官の発言なんですけど、天皇の政治利用とか、あるいは天皇の発言が政治的にいろんな影響を及ぼしちゃいけないっていうのは原則なんですけれども、今回に関してはおそらく同じ思いを一般市民の8割ぐらいが持っている。それも蹴散らし、専門家の無観客がいいんじゃないかという発言も蹴散らし、それから天皇陛下のこういう発言もある種無視をし、突き進んでいくわけですよね。そうなると2つ考えなくちゃいけない」と前置き。

 「きちんと責任を取りなさいよということが一つ、もう一つは我々メディアもオリンピックの競技はもちろん伝えるんだけれども、ある種の感動物語みたいなものがいっぱい出てくると思う。それはそれで素晴らしいが、それと同時にきちんと感染の状況だったりとか、政府の問題点だったりとかを報道機関としてきちんと伝えていけるかどうかというあたりが問われるということは僕も自戒しながら考えなくちゃいけないなと思ってます」と、最後はかみ締めるように話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス