文字サイズ

吉村知事 ウガンダ選手団陽性で「水際での課題。検討材料にすべき」

 東京五輪のウガンダ代表選手団が19日、来日し、20日、ホストタウンの大阪府泉佐野市で事前合宿をスタートした。9人で来日したが、成田空港でのPCR検査で、1人が新型コロナウイルス陽性と判明。海外チームの来日は2例目で、陽性判明は初めて。陰性だった選手団の8人は貸し切りバスで宿舎入りした。

 大阪で合宿する選手団に感染者がいたことを受け、吉村洋文知事が20日、ツイッターに新規投稿。泉佐野市の千代松大耕市長とすでに「情報共有しながら対応を進めています」と明かし、「当面は練習中止でホテル待機、市民と接することなく、毎日実施する検査、日常管理、健康観察は市が、新たな陽性者が出た場合は府が対応、協力して進めます」と説明した。

 吉村知事のツイッターには「同便で入国した選手がなぜ濃厚接触者にならずに移動してきたのですか?最初からこれでは先は不安しかありません」「今後もある事なら絶対に成田空港近くホテルで2週間待機をやるべきですね」などと不安と疑問の声が寄せられており、吉村知事は再度ツイッターを投稿。

 「何故、濃厚接触者でないと判断したのか!という問い合わせが多いですが、そう判断したのは、成田空港の検疫です。水際での課題です。先行事例として今後の対応の検討材料にすべきです。」と提言した。

 その後、「成田空港の検疫が、濃厚接触者の有無や範囲の判断はされていません。誤りがありましたので、訂正してお詫びします」と午後11時前にツイッターをさらに更新し、謝罪と訂正。「ただ保健所も、当該陽性者を管理していませんので、濃厚接触者の有無や範囲の判断をしていません。課題を国と共有しつつ、感染対策の徹底に努めます。」と今後の課題として国と共有して、感染対策を徹底すると説明した。

 (※ツイート再投稿により、加筆・修正しました)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス