文字サイズ

古い党の立花孝志党首 コロナ入院先から投稿「点滴がおいしい」「病室は撮影禁止」

 古い政党から国民を守る党(古い党)の立花孝志党首が11日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルス感染のために入院した都内の病室から「点滴がおいしい」「病室は撮影禁止」などと動画や画像なしで報告した。

 立花氏は「無事に虎ノ門病院に入院させていただきました」と切り出し、「コロナによる肺炎で、今点滴してもらって居ます。二日間食べれなかったので、点滴が美味しく感じます(笑)」と実感を込めてツイート。「病室は撮影禁止ですので、YouTubeのアップはしばらく出来ません」と付け加えた。

 さらに、立花氏は「撮影していて、涙が出た時は呼吸が苦しかったですが、今は点滴をしてもらって、呼吸は安定しています。レントゲンとCTで肺炎になっている事が判明したので、しばらく入院生活を続けさせて頂きます!」とつづった。

 同氏は同日午前にYouTubeでコロナ感染による入院を報告。「コロナは風邪」と発言しながらも入院することについて「かっこ悪いとは思います。でも気にしない」などと語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス