文字サイズ

林葉直子 高齢の母がワクチン予約に難儀、政府のお方がたは困ったもんです

 元棋士で重度の肝硬変を患った林葉直子が14日に更新したブログで、70歳を過ぎた母親が新型コロナウイルスワクチンを受けるために予約に困ったことを投稿した。

 林葉は「怖い世の中になってきた?老人のワクチン接種の予約が電話じゃダメってどういうことよ」と記し、「70過ぎの昭和生まれのうちの母、ラインもwebもわからないのに」と高齢の母が無料通信アプリLINEや、オンライン予約についても知識が十分ではないとつづった。

 林葉は「わたしが得意じゃないから、またまた面倒だけど、ひとり住まいの高齢者の方はたいへんだと政府のお方がたは困ったもんです」と独居高齢者への対応が十分ではないと指摘。「皆さん、お母さん、おばあちゃんたちには連絡してあげてね」と呼びかけた。

 林葉はまた、「まあ恐ろしい世の中になった。私は5Gのスマホは怖くて機種変更できないしラインもTwitterもやってない 早くコロナ消えて平和な世の中になって欲しい それまで忍 今日暑いからちゃんと対策して下さい、ネ」とし、「インドに行った2年前。みんな元気でありますように」とインド訪問時という写真を投稿した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス