文字サイズ

小池知事会見「知事が五輪に黙り始めた、何か起こる」説を質問される 「如何なものか」

 東京都の小池百合子知事が14日、都庁で定例会見を開いた。

 会見では報道陣から、東京五輪開催について賛否があり、競泳・池江璃花子をはじめ選手が板挟みになるなど、異様な空気になっていると指摘したうえで、「知事が黙り始めると何か起きるんじゃないかと、知事がオリンピックに対する発信発言を積極的にされていないとの指摘もある。五輪に対する意気込みを改めて」との質問が飛んだ。

 小池知事は「コロナ対策の担当局は昼夜分かたず、病院もそうですが、都民の命を守るべく、役目を大きく果たしてもらっています。オリパラ局も何年もかけて準備してきており、アスリートの皆さんとも連携を取りながら、準備を着々と進めて、先週も7つテスト大会を行った」とした。

 「海外を見回しましても、大谷選手の活躍、錦織選手の活躍、いろんな状況の中でスポーツ大会は開かれているのも現実であります」とも指摘した。

 そのうえで「なんか政局絡みで語られるのは、とても私にとりまして如何かと思いますね。政策についてはしっかりお答えし、進めてまいりますけど。大会の開催を絡める、ましてやアスリートの皆さんを絡めるっていうのは如何なものかと思います」と苦言を呈した。

 「2020大会、1年延期してますけど、安心安全をどうやって担保するか。まさにIOC、組織委、国をあげて対策を講じ、なによりも感染しないさせないという都民のご協力あってこそのコロナ対策ですので、これらをしっかり進めていくことに、変わることはございません。その一言に尽きます」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス