文字サイズ

【5月12日のおちょやん】第113話 千代は懐かしい人々と再会 夢を持つ春子を気にかける

台本を読む千代(杉咲花)
春子(毎田暖乃・右)と話をする千代(杉咲花)
2枚

 杉咲花が主演のNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。5月12日は第113話が放送される。みんなと再会を果たした千代は、春子に…。

 春子(毎田暖乃)を連れ、2年ぶりに道頓堀に帰ってきた千代(杉咲花)。シズ(篠原涼子)やみつえ(東野絢香)たちと再会を果たす。うわさを聞きつけた「鶴亀新喜劇」の団員も「岡福うどん」に押し寄せる。新しい家族ができたと喜ぶ春子の笑顔に、千代も救われるのだった。夜、看護婦になりたいという春子の夢を応援しようと話を切り出す千代。だが、勉強が苦手な春子の「無理な夢は最初から諦めるべき」という態度が気にかかる。夜も更け、千代はある台本を開く…。

 朝ドラ103作目の「おちょやん」は、上方女優で「大阪のお母さん」として親しまれてきた浪花千栄子をモデルに描くオリジナルストーリー。南河内の貧しい家の少女が、奉公先の道頓堀で芝居に魅了され女優を志し、やがて喜劇界のプリンスと二人三脚で昭和の激動期を駆け抜ける。ヒロインを朝ドラ「とと姉ちゃん」、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」にも出演し、日本アカデミー賞など多くの映画賞の受賞歴を持つ杉咲花が演じる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス