文字サイズ

「ドラゴン桜」数学の鬼にバカはちまきも… ネットは他の名物教師復活も期待

 TBS系日曜劇場「ドラゴン桜」の16日放送回で、前作の名物キャラ・数学の鬼の柳鉄之介(品川徹)が登場する。9日放送後の予告で告知された。さらには「バカはちまき」も復活することがわかり、ネットでは「ようやくドラゴン桜っぽくなってきた」「ドラゴン桜感あった」など盛り上がりを見せてきている。

 3月25日からスタートし、勉強シーンがなかなか出ず「半沢直樹っぽい」などの声が上がっていた「ドラゴン桜」だが、3話目にしていよいよSNSを活用した勉強法などが取り上げられたり、秀才の藤井(鈴鹿央士)を、東大専科組がミニテストで圧倒。さらに桜木(阿部寛)の「バカとブスこそ東大へ行け!」と名セリフも飛び出すなど、前作を彷彿とさせる展開になってきた。

 さらに次週の予告では、前作でも登場した「バカはちまき」を東大専科の生徒が巻く姿や、“数学の鬼”として勉強方法を伝授した柳先生の姿も写し出された。

 前作では柳先生の他、理科の阿院修太郎先生、国語の芥山龍三郎先生、英語の川口洋先生といった、個性満点の教師も人気を博していたことから、柳先生に続く名物教師の再登場もネットは期待。「柳先生待ってました」「柳先生出たらならやっぱ川口先生にも出てもらいたいよな」「前作の物理の先生役の俳優さんは亡くなられているから出られないけど他の方は柳先生以外にも出て欲しい」「芥山先生、川口先生も!」の声も。

 「バカはちまき」についても「バカはちまきに柳先生。最高か」「バカはちまき楽しみ」「バカはちまき復活」「バカはちまきが見られるなんて、嬉しい」と盛り上がっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス