文字サイズ

朝ドラ、辛い1週間にとどめを刺す回想シーン…切なすぎてネットも涙【ネタバレ】

 23日に放送されたNHK連続テレビ小説「おちょやん」では、辛い展開にとどめを刺す“回想”シーンが盛り込まれ、ネットでは「今までで一番辛かった」の声が上がっている。

 この日の「おちょやん」では、劇団員にも一平(成田凌)と灯子(小西はる)の関係が説明され、そんな中で鶴亀新喜劇の1周年記念興行が幕を開ける。なんとか千秋楽を迎える日の朝、千代(杉咲花)の元へ灯子がやってくる。一平との子を宿したことを詫びる灯子に千代は「うちにつぐないたかったら、あんたが誰よりも幸せになり。ええお母ちゃんになりますのやで」と必死の思いで声をかける。

 だが本心は違った。千秋楽の舞台で千代は、自分の境遇と重なる演目に一平との過去が一気に蘇ってしまう。そこで画面は、初めて出会った子どもの頃から、プロポーズシーンなど、これまでの一平との思い出の回想シーンがこれでもかと放送。千代は舞台上で涙を堪えきれなくなる…という展開だった。

 この回想シーンにネットも涙。「千代ちゃんと一平の回想みるの辛すぎた」「千代と一平の回想シーンは号泣した。強く結ばれてた二人なのに」「回想の畳み掛けが辛すぎでした」「2人で支え合ってきたはずなのにね。回想が切ない」「こんなに2人の歴史があるのにー」などの声が。

 直後の「あさイチ」でも鈴木奈穂子アナウンサーが「2人の振り返りが…」と切ない表情を浮かべると、大吉も「今日が一番辛かった」と本音をもらしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス