文字サイズ

橋下氏、知事の人流抑制呼びかけに虚無感 昼間営業してれば「国民も従わない」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が19日、フジテレビ系「めざまし8」で、新型コロナの感染者急増で近々、緊急事態宣言が出されるのではないか?とされていることに「宣言のメッセージの意味はあまりない」と語り、それよりもマスク着用の義務化をすべきではないかとの意見を述べた。

 番組では全国で新型コロナの感染者が急増していることから、緊急事態宣言がまた出されるのではないか?とのニュースを取り上げた。

 これに橋下氏は「緊急事態宣言という、宣言のメッセージの意味はあまりない」とコメント。小池百合子都知事をはじめ、全国の知事が人流抑制を強く呼びかけているが「気持ちは分かるし、それしか武器がないからそう言わざるをえないが、それよりも昼間の営業を止めないと」と、本気で人流を止めるのであれば、昼間の店舗営業もストップさせるべきとした。

 「昼間(の営業)認めておきながら、通勤認めておきながら、人流抑制と声をかけても国民バカじゃないから従わないですよ」とも語り、「本当に人流抑制するなら、社会経済活動を政治責任で保証もしっかりやる覚悟で、自治体だけじゃなく政府もこれを本気でやらないといけないが、それをやらずに国民にかけ声だけで済まそうというのは政治が責任を果たしていない」と訴えた。

 だが橋下氏自身は昼間の営業をストップする考えではなく「昼間の営業止めるぐらいなら、まずはマスク着用義務化して、お店の中、飲食店の中、お店を(営業)止めるならマスク着用に罰則をつけてもいいと思うが、それすらも政治家は腰が据わらずやらない」との思いも語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス