文字サイズ

筒美京平さん 名曲でしのぶ 郷ひろみ「色あせず歌える」豪華アーティストが感謝唱

 昭和歌謡の黄金期を支え、昨年10月に誤嚥(ごえん)性肺炎で亡くなった作曲家の筒美京平さん(享年80)のトリビュートコンサートが17、18日に東京国際フォーラムで開催された。全曲筒美京平作品で届ける追悼コンサートで、郷ひろみ(65)、野口五郎(65)、ジュディ・オング(71)ら総勢29組の豪華アーティストが二夜限定で集結。1960年代から50年間で、3000曲を世に送り出した偉大な作曲家へ感謝唱を捧げた。

 筒美さんが遺(のこ)した名曲の数々に、出演者自身も身を焦がし、改めて、その偉大さをかみしめた。

 後半10番手で登場した郷は「素晴らしい歌手の方が次々に出てこられる機会はなかなかない。一番喜んでいるのは、京平先生じゃないかな」。天国から見守っているであろう恩師へ呼びかけた。

 デビュー曲「男の子女の子」や「よろしく哀愁」「裸のビーナス」を披露。72年発売のデビュー曲を引き合いに「50年たっても色あせることなく歌える曲をいただいたのも、京平先生の素晴らしい才能なんだなって思います」と感謝を示した。

 郷とバトンタッチで登場した野口も、豪華すぎるステージに「今日ほどお客さんになりたいと思った日はありません」と切望。筒美さんに作曲してもらった全108曲の中から「京平先生の僕の曲はきつい曲が多いけど、この曲は楽な方です」と紹介して「グッド・ラック」を生バンドを背に歌い上げた。

 中村雅俊(70)は「先生に書いてもらった曲は2曲だけ。野口さんが108曲と言っていて、ドキッとした」と笑いを取りつつも「今日は“全曲”を歌いたいと思います」と意気込み「時代遅れの恋人たち」「海を抱きしめて」を熱唱した。

 2日間で総勢29組が出演し、各日45曲の筒美作品を披露。ラストは、出演歌手全員が距離を取りながらステージに顔をそろえ、不滅の名曲「また逢う日まで」を合唱。今なお生き続けるメロディーに身を預けながら、天国の筒美さんへ歌声を届けた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス